まつげエクステに関する法律や免許について

数年前に海外から上陸して依頼、女性たちの間で爆発的なヒットとなっているまつげエクステ、地まつげに対する様々なコンプレックスが一瞬にして解決できるので、毎日時間をかけてまつげメイクを行うこともなく、貴重な朝の時間を有効に使うことが出来ると、幅広い年代の女性たちから高い支持を得ているようです。


このまつげエクステは、アイラッシュサロンと呼ばれるお店で、アイリストと呼ばれる施術者に行ってもらわなければなりませんが、このアイリストには法律上、美容師免許が必要とされており、免許を所持していないものが施術を行うことは取り締まりの対象とされています。しかしながら、これは最近になってできた法律で、まつげエクステによる健康被害が多発していることによって新たに設けられたルールで、以前はエステティシャンでもできる施術でした。美容業界は日々変化が激しく、今までエステティシャンができていたことも、美容師や医師など、国家資格がなくては行えないというルール変更になった施術がどんどん増えています。しかしまつげエクステは、目元というとてもデリケートな部位を扱う仕事なので、資格も大切ですが、施術者としての経験値、スキルも必要なので、美容師であってもアイリストとして未熟な人に行われると、トラブルの原因となるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。